めぐみちゃんめぐみちゃん

こんにちは。めぐみです!
こちらでは、80種類のめぐみ ジュレに配合されている成分について報告します♪

80種類の野草・野菜・果物がブレンドされ、ぎゅっと濃縮された80種類のめぐみ ジュレ!

それぞれ、どのような成分で身体に良いとされるのでしょうか?

徹底的にリサーチします!

目次

80種類のめぐみジュレの成分

80種類のめぐみジュレの成分

ここでは、配合された野草で漢方にも使われている生薬を調べます。

80種類のめぐみジュレの成分①よもぎ

80種類のめぐみジュレの成分

よもぎは、キク科の多年草です。

よもぎ餅で身近に感じる野草ですね!

野草の中では栄養素がとても豊富です。

別名は、病を止める薬草として女性の身体に効果があるということで「ハーブの女王」とも言われています。

80種類のめぐみジュレの成分②ウコン

80種類のめぐみジュレの成分

ウコンとは、ショウガ科の多年草です。

肝臓を守ると言われ「お酒を飲む前にはウコン」と、身近に感じます。

また、春ウコンについてはがん治療に絶大な効果が出ると言われており、末期がんの方が春ウコンをたくさん摂取して、がんが治ったという症例も事実聞きます。

なぜウコンがそのような力をもっているか・・

それは、免疫力が大変強くなる成分なので、あらゆる病やウィルス・癌細胞を消滅させることができるのですね。

80種類のめぐみジュレの成分③スギナ

80種類のめぐみジュレの成分

スギナとは、シダ植物類で根の深い地獄草と呼ばれ、一般的には雑草と言われ嫌われていますね。

ところがこのスギナは奇跡の草とも呼ばれ、多く栽培され薬草とされているのです。

現代人の病気は、大気汚染や添加物などの食料汚染が招く免疫力の低下が原因です。

スギナは、人間本来が持っている免疫力を高め、デトックスしてくれるのです。

80種類のめぐみジュレの成分④ドクダミ

80種類のめぐみジュレの成分

ドクダミとはドクダミ科の多年草です。

便秘やダイエットにドクダミ茶というのが有名ですね。

昔から薬草茶としてゲンノショウコ・センブリと並ぶ「日本の三大薬草」ともいわれています。

ドクダミに多く含まれるカリウムは、体内の毒性物質や老廃物を体外に排出する解毒作用があります。

肌の調子がよくない、むくんでいるという方は、ドクダミでデトックス作用が期待できます。

また、カリウムのはたらきで、アトピーやアレルギーの症状が緩和されます。

花粉症にも効果があるとされています。

80種類のめぐみジュレの成分⑤トチュウ葉

トチュウとは中国原産の落葉高木です。

杜仲と漢字で現すと、漢方薬や医薬品に使われているとわかります。

樹皮は漢方薬に使い、葉は健康茶に使用されます。

杜仲茶も有名ですね。

効能としては、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効くとのことです。

80種類のめぐみジュレの成分⑥クコの実、クコの葉

80種類のめぐみジュレの成分

クコ(ゴジベリー)はナス科の落葉低木です。

美容と健康のために欠かせない不老長寿の生薬として、古くから漢方薬として重宝されています。

また、ルティンも入っていますので、飲む目薬とも言われています。

クコの実は(ゴジベリー)ビタミンやミネラル(鉄分など)が豊富で、身体の成長や疲労回復に欠かせないスーパーフードです。

またクコの若い葉も、炊き込みご飯やスープなどに使われる食用です。

80種類のめぐみジュレの成分⑦アマチャヅル

80種類のめぐみジュレの成分

アマチャヅルはウリ科多年生のツル性の植物です。

葉を噛むと甘い味がすることから名前の由来となっています。

サポニンと呼ばれる沈静成分を多く含んでいます。

サポニンは、高麗人参より多く摂ることができ、ストレスに良いと言われ、ストレス性の胃潰瘍や不眠症に効果があります。

また、がんや関節リュウマチ・低血圧・動脈硬化・肝臓障害などの予防効果もあるといわれ、健康茶として重宝されています。

80種類のめぐみジュレの成分⑧ツユ草

80種類のめぐみジュレの成分

ツユクサは一年生植物で、どこでも見かけることの多い雑草です。

朝咲いた花が昼しぼむことで、朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説があります。

薬草として知られる効能としては利尿作用があるので、むくみの解消や糖質(炭水化物)の吸収をブロックする成分があるとのことです。

ダイエットに適した野草ということですね!

また、喘息の発作や解熱作用、神経痛や心臓病に効果があります。

80種類のめぐみジュレの成分⑨クマザサ

80種類のめぐみジュレの成分

クマザサはイネ科の植物の一種です。

ちまきや笹団子に使われていますね。

また、笹だけを食べていても生きていけるパンダでもわかるように、笹には驚くほどのパワーがあります。

一番には免疫力を高めますので、病気の予防や回復をサポートします。

葉緑素(クロロフィル)は、ストレスなどで高ぶった神経を沈めたり、リラックスを促す働きがあります。

自律神経失調症にも効果があると言われます。

クマザサは民間薬としても、胃痛、糖尿病、高血圧、喘息などの改善に身近なハーブとしても利用されています。

80種類のめぐみジュレの成分⑩オトギリソウ

オトギリソウ(弟切草)とは、おとぎりそう科の多年生植物です。

和名の由来は怖そうですが、この草を原料とした秘薬の秘密を漏らした弟を、兄が怒りのあまり斬り殺したという伝説からきています。

やはり怖いですね・・・

それほど効果のある薬草ということです。

乾燥したものを小連翹(しょうれんぎょう)といって、漢方薬として神経痛やリュウマチの薬として用いられています。

さらに止血、防腐作用もあると言われています。

また、ゲームソフトにある「弟切草」も、このオトギリソウの言い伝えからストーリーが作られたそうです。

80種類のめぐみジュレの成分⑪ナンテンの葉

80種類のめぐみジュレの成分

ナンテンはメギ科の常緑低木です。

庭木としてよく使用されており、赤い実の上に雪が積もると可愛らしい景色となりますね。

ナンテンの実は、咳止めとしてぜんそくや百日咳に使われています。

「南天のど飴」の南天ですね!

ナンテンの葉は、殺菌効果 腐敗防止の作用があります。

生の葉を噛んでいると乗り物酔いしないそうです。

80種類のめぐみジュレの成分⑫アカメカジワ

80種類のめぐみジュレの成分

引用:http://www.city.sumida.lg.jp/

アカメカジワは、トウダイグサ科の落葉高木です。

名前の由来は春の新芽が赤いからだそうです。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多症に効果があるとされるほか、にも良いそうです。

葉の乾燥品を風呂に入れて入浴すると、あせもに効果があると言われている民間薬です。

80種類のめぐみジュレの成分⑬アムラの実

アムラは、トウダイグサ科の木とそこになる緑色の実のことです。

アムラの実の栄養成分は、ビタミンC、ペクチン、ポリフェノールの三種類です。

ビタミンCはレモンの10倍も含まれています。

ペクチンは、植物繊維で整腸作用以外にも動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病などの生活習慣病の予防に役立つ効能です。

ポリフェノールは、ワインに多く含まれているので、健康にとワインが飲まれるようになりましたが、アムラはワインの数十倍のポリフェノールを摂取できます。

このように、アムラの持つ成分はとても健康に対して効能があるというスーパーフードです。

特にインドでは、若返りの薬として利用されていた歴史があるように、アムラはアンチエイジングに期待できる果実です。

80種類のめぐみジュレの成分⑭エゾウコギ

80種類のめぐみジュレの成分

エゾウコギはウコギ科の落葉低木です。

北海道(蝦夷)に自生しているウコギなのでエゾウコギということみたいです。

薬用植物で根皮を薬用として用いられています。

肉体疲労、精神疲労の予防・回復効果、血糖低下作用、血圧安定効果、耐久力増強効果、生体抵抗力増強作用、抗ストレス効果、集中力の維持増強作用といったことが言われています。

エゾウコギを飲むことで「β-エンドルフィン」の分泌が促されるので、ストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブです。

80種類のめぐみジュレの成分⑮エンメイ草

エンメイ草はユリ科の多年草で、ヒキオコシの別称があります。

古来健胃薬として消化不良や食欲不振,腹痛等に使用されてきました。

抗菌性及び抗腫瘍作用(がんの細胞を死滅させる)を示すことが報告されています。

また、葉っぱを噛むとたいへん苦い薬草で、起死回生の秘薬とされていたそうです。

80種類のめぐみジュレの成分⑯アマドコロ

80種類のめぐみジュレの成分

アマドコロは、キジカクシ科アマドコロ属の多年草です。

ドゥングレ茶と呼ばれています。

生を食べれば滋養、強壮、強精、解熱、消炎、鎮咳剤として寝汗、失精などに効果があると言われています。

しみ、そばかすを去り、胃炎、胃潰瘍にも効果があります。

また、老化防止になり、気力の滅退に効果があるとして、疲労の激しい時に用いれば効果を感じられるとのことです。

・新陳代謝促進 ⇒ダイエット効果

・美白・シミを薄くする⇒美容効果。

・リラックス効果⇒副交感神経を優位にして自律神経を安定させる。

・血液循環を良くするので顔の血色がよくなる。

・血糖値降下作用により糖尿病の人によい。

・老化防止・・・アンチエイジング。

80種類のめぐみジュレの成分⑰カミツレ

キク科の1種の耐寒性一年草です。

和名はカミツレ(加蜜列)ですが、なんと、日本でも人気のハーブ茶で親しまれている「カモミール」のことです。

名前は「大地のリンゴ」という意味のギリシア語「chamaimelon」からきているそうです。

昔のギリシア人もリンゴのような香りだと思ったのでしょう。

そして、カモミールの花言葉は、「逆境に負けない」「苦難に耐える」なんだそうです!

カモミールは、弛緩・鎮静・安眠・鎮痛・消炎・殺菌・発汗・利尿・抗ヒスタミン・健胃・抗痙攣・嘔吐予防等と効能がたくさんあります。

ジャーマンカモミールは古くから「安眠薬」とされてきました。

お金を呼び込むのに使われたり、呪いや魔術と戦う際に使われたそうです。

凄いですね!

80種類のめぐみジュレの成分⑱キキョウ根

80種類のめぐみジュレの成分

キキョウ根は、キキョウ科の多年生草本植物です。

秋の七草として名高いキキョウの根です。

キキョウの根はサポニンを含み、これには気道の粘膜の分泌をよくすることとあわ立ち作用があります。

このため、適量を飲むと痰が出やすくなります

水溶性食物繊維ですから、腸内の善玉菌の増殖を助け、便通をよくする作用もあります。

80種類のめぐみジュレの成分⑲キャッツクロー

80種類のめぐみジュレの成分

引用:https://media.flower-remedy.

キャッツクローは、アカネ科カギカズラ属の植物です。

WHO認定のキャッツクローは「生薬の王様」免疫強化作用を持つ薬用植物です。

副作用のない抗炎症剤として高血圧改善に効果があると言われていますが、副作用のない抗炎症剤とした薬用植物です。

医薬品ではありません。

80種類のめぐみジュレの成分⑳センシンレン

センシンレン(穿心蓮)アンドログラフィス・パニクラータは、キツネノマゴ科の一年生植物です。

風邪薬や強壮薬として、古くから抗炎症作用があるといわれて民間療法で使われてきました。

最近の医学的知見からわかってきたことをまとめます。

ホルモンバランスの調整!

ちょっとした不調の原因となりやすいホルモンバランスの調整に一役買ってくれるのです。

基礎体温の上昇サポート!

健康的な人の平均基礎体温は36.5℃~37℃と言われている中、現代人の平均的な基礎体温は36℃台前半とも言われております。

つまり、現代人の多くが低体温に悩まされており、病気になりやすい状態と言えます。

低体温は、がんになりやすい体質です。

体温を上昇させることで、白血球の働きを高めて免疫機能を増強させることは、既に明らかにされています。

病気予防・治療

さらに、難消化性デキストリン配合で腸活をサポートします。

80種類のめぐみジュレの成分㉑セッコツボク

セッコツボク(接骨木)は、レンプクソウ科ニワトコ属の被子植物です。

この生薬を骨折幹部に副木を当てて用いられていたことに由来します。

打撲捻挫による内出血、腫れ、疼痛などに内服に利用され、発汗・解熱薬として風邪やインフルエンザの治療に用いています。

80種類のめぐみジュレの成分㉒トンカットアリ

80種類のめぐみジュレの成分

引用:https://office.yaziup.com

トンカットアリは、マレーシアなどの熱帯雨林に育ち、古くから滋養に役立てられてきた植物(ハーブ)です。

強壮、解熱・鎮痛、腰痛・関節炎、血圧降下、消化不良などに使用してきた天然の植物です。

ホルモンバランスを整える働きもあり、更年期障害を改善させる効果もあります

貴重かつ有効的で高価な成分になっています。

80種類のめぐみジュレの成分㉓ニンドウ

ニンドウ(忍冬)は、スイカズラ科の常緑つる性低木です。

名前の由来は、冬でも葉や茎は枯れずに耐え忍ぶことからきています。

生薬として葉と茎を用い、解熱、解毒、利尿、消炎薬として民間的に用いています。

風邪薬にも効果があるようです。

成分としては、タンニン、サポニン(ロニセリン)、フラボノイドなどを含んでいます。

80種類のめぐみジュレの成分㉔ルイボス

80種類のめぐみジュレの成分

ルイボスは、マメ亜科のアスパラトゥス属の一種です。

成分に、カルシウム、マンガンやフッ化物を含むため、強い骨や歯を育てる助けとなります。

カフェインゼロのルイボスティーで、妊婦中でも安心と知られています。

また、睡眠に問題のある乳幼児をなだめるのに効果があり、飲ませ方は、母乳または粉ミルクにルイボス茶を混ぜるだけです。

鎮静効用があるとして、神経緊張症や、軽度のうつ病や不眠症の方に処方されます。

あらゆる病気の原因となるストレスをリラックス状態にさせてくれるのですね。

さらにルイボスには、皮膚を健康に保つアルファヒドロキシ酸と亜鉛が含まれていますので、皮膚のかゆみ、日焼け、おむつかぶれにも効果があります。

そして脂肪燃焼を助けて、整腸作用や便秘改善にて、体質改善をすることで、アンチエイジングや、ダイエットに効果があると言われています。

80種類のめぐみジュレの成分㉕オオバコ

80種類のめぐみジュレの成分

オオバコは、オオバコ科の多年草です。

古くから各地の伝統療法で用いられてきました。

日本では漢方や民間療法、ヨーロッパではハーブとして、インドでのアーユルヴェーダなどで用いられています。

咳止め、利尿、血糖降下に用いられ、生の葉は火で炙って、腫れ物の患部に貼ります。

最近では、種子の外皮を取り除いて製法したものをサイリウムと呼び、胃の中の水分を吸収し膨らむことで、置き換えダイエットに注目があります。

オオバコ・・・あなたは聞いたことのないかもしれませんが、健康食品として昔からあるんですよ。私も昔にオオバコを食べたことがありますが・・・昔のやつはとても食べづらかった思い出があります。

めぐみちゃんめぐみちゃん

80種類のめぐみ ジュレの成分って、こんなにたくさんの効能が配合されているんですね!

全てを毎日取り入れたいですね!

80種類のめぐみジュレの成分まとめ

80種類のめぐみジュレの成分まとめ

それぞれの薬草には、たくさんの効能がありました。

中でも多かったのは、ストレスを緩和させ、副交感神経を優位にさせてくれる効能です。

生活習慣病や、がんは、ストレスが原因とも言われておりますので、がん治療にも効果があるのですね。

そして、美肌効果のアンチエイジングも目立ちました。

効能は、最終的にはダイエットにも繋がります。

めぐみちゃんめぐみちゃん

世界中で昔から民間治療として使われてきた生薬です。

長く続けることで身体に浸透し、健康になれるのですね!